横断幕トップ > 競輪横断幕について

競輪横断幕について

競輪横断幕について

競輪の横断幕掲出は、他のスポーツに比べ細かな規定はありませんが、競輪場ごとに規定やルールが定められていますので、必ず各競輪場のホームページにて規定を確認しておきましょう

参考)平塚競輪場 - 横断幕の掲出を希望する方に

サイズについて

競輪では横断幕サイズに規定がありませんが、あやまにサイズの大きいものは掲出できない場合があります。
人気のサイズは縦150cm前後×横400~600cmなど。縦幅サイズはフェンスサイズに依存しますのである程度範囲が絞られますが、横に長すぎるものは他の掲出される方のご迷惑になる可能性もありますので、他の掲出されている横断幕サイズに近い長さで作成されるのが良いかと思います。

掲出に関して

掲出は、基本的に各競輪場に委託する形となりますので、掲出場所の指定は行えません。又、掲出希望者が多数の場合は抽選となり、掲出自体ができない場合もあります。

適した生地選び

競輪は雨でも基本的に開催されますが、弊社で取り扱っております「トロマット」「ターポリン」どちらでも雨風に強い素材ですので、お好みでお選びください

ターポリン(メッシュターポリン)

ポリエステル系の繊維を合成樹脂フィルムで包んだビニール系素材で、雨や風にも強く耐久性が高いため、屋外での長期使用に最適です。建物の養生幕・足場幕では定番素材です。

ターポリンは、テントなどにも使われ、昨今ではバッグ素材としても人気です。裏面への透けもないので、布素材の生地(トロマット)と比べると発色が鮮やかです。ただし、厚手のビニール生地なので重量がある為折り畳みにも不向きという欠点もあります。

風の影響を受けやすい環境下での設置は、生地表面にメッシュ状の穴が空いている「メッシュターポリン」をおすすめ致します。強風時の風への抵抗が軽減できます。デメリットとしては、近くで見た際に絵柄が視認し辛いです

トロマット(ポリエステルクロス)

ターポリンと比較すると、軽量で、小さく折りたためるので、持ち運びや収納にも便利です。もし、折りじわが気になるようなら中低温の短時間でアイロンをかけることも可能で、洗濯する事も出来ます。長期の常設でなければ屋外利用でもご使用可能です。

価格

サイズおよび、生地「トロマット」「ターポリン」「メッシュターポリン」により価格が変わります。 >>全サイズ価格表はこちら

規格内サイズの価格一例

ターポリン
W400cm×H120cm W500cm×H150cm W600cm×H180cm
¥36,800 ¥61,200 ¥80,200
トロマット(ポリエステルクロス)
W400cm×H120cm W500cm×H150cm W600cm×H180cm
¥36,800 ¥49,000 ¥59,900

※代引き手数料・送料・税込金額

保管について

ターポリン(メッシュターポリン)

ビニール素材のターポリンは、折りたたんでしまうと折り目部分のインク剥がれやすく、印字面同士が長時間接着した状態でくっ付きの原因となってしまうため、丸めて保管してください。弊社ではお送りする際、紙管にゆるく巻いた状態で梱包しお送りしております。


※ターポリンの折畳んでの保管は避けてください

トロマット

布素材のトロマットの場合は畳んで保管することが可能です。洗濯後は、直射日光を避け、風通しのいい場所で干してください(紫外線による色落ちを防止する為)

収納性・携帯性重視

関連コンテンツ

よくあるご質問 製作事例 デザイン入稿
スローガン・名言・言葉例文 初めての方 価格表



まずは無料見積り!無料お見積もり


お気軽に御問合わせください
会社概要

ページTOPへ