デザイン入稿について

ホーム > データ入稿について

データ入稿について

データ形式

  Windows Machintosh
Adobeデータ 【ai】【psd】【pdf】【eps】【tiff】
画像データ 【jpg】【png】【bmp】【gif】
その他データ 【pdf】【ppt】 【xlsx】【doc】

※その他データについてはお問合わせください

作成時の注意点
  • イラストレーター等のパスデータで作成の際、文字データは原則アウトライン化でご入稿ください。
  • カラーモードはCMYKで作成してください。
  • AI,PSバージョンは最新版対応
  • Photoshopの画像解像度は、実寸サイズで150dpi以上を推奨。ご不明な場合は確認いたしますので一度弊社までデータをお送りください。
  • 色指定がある場合には、事前にDICカラー、Pantonカラーの色見本から、カラー番号をお知らせください。イメージでも構いません(濃い目、薄め等)伝えて頂く事で、思った仕上がりに、より近くなります。
  • 生地への印刷は紙などの印刷と若干違いがあります。100%同じ色調にはなりませんので、ご了承下さい。
  • 当店は10MBまではメールで受信する事ができますが、それ以上の場合は無料で利用できるデータ転送サービスをご利用ください

ラフデザインを送付する

お客様のご希望の案やデータを元にデザイン案を作成します。ラフイメージから完成までの一例をご紹介いたします。

デザイン完成の流れ

スローガン例文サンプル

スローガンの例文のご紹介です。横断幕の言葉選びに困った際はご参考ください。

データの送付

データはメールにて送付頂きます。デザイン料や印刷に適したデータかご不明な場合も、メールにて詳細とデータをお送りください。確認後ご連絡を差し上げます。

容量の大きいデータを転送される場合

送付するファイルが10MB以上となる場合、下記のファイル転送サービスをご利用ください(簡単な登録は必要ですが、無料です)
ファイル転送サービス(無料)
ギガファイル便」(200GBまで可能)
データ便」(100MBまで可能)
おくりん坊」(250MBまで可能)

送付先?:oudanmaku@cittoplus.com
※送付者様のお名前は必ず明記ください

デザイン製作時のご注意

カラーモードについて

デザイン製作時のカラーモードは「CMYK」で作成してください。 以下その解説となります、ご一読ください。

カラーモード(RGB、CMYK)の解説

CMYK(印刷物)
CMYKとは、シアン(=C)、マゼンタ(=M)、イエロー(=Y)の三原色にブラック(=B)を加えたものです。理論上は色材の三原色を重ね合わせるとブラックになるはずなのですが、通常の印刷インクではきれいに出せないためにブラックが入ります。

RGB(モニター)
RGBは、レッド(=R)、ブルー(=B)、グリーン(=G)の光の三原色です。テレビやパソコンのモニターなどは、この三原色の波長の光を使って色を表現しています。

色域について

CMYKとRGBでは色域(カラースペース)と呼ばれる色の範囲が違います。モニターなどに使われるRGBが表現できる色域と比べると、印刷に使われるCMYKの色域は狭く、表現できる色の範囲がずいぶん違います。RGBには、印刷で表現できない色が含まれているのです。


まずは無料見積り!無料お見積もり


お気軽に御問合わせください
会社概要

ページTOPへ