最良の制作方法・素材選び解説!

横断幕・懸垂幕の製作ならおかませください
完全自社生産のCitto+
フリーダイヤル 0800-888-2050 日・祝日除く
8:30~17:30
Fax:058-200-4359 Mail:oudanmaku@cittoplus.com
データ送付 FAX見積り用紙 お問合わせフォーム
トップ 価格表 製作例 デザイン集 お支払い・送料 幕関連商品
横断幕の無料お見積り・簡易見積もり
初めての方
ご注文の流れ
お急ぎの方
生地サンプル
色見本サンプル
製作方法解説
色見本サンプル
簡単無料見積もり
お問合わせフォーム
被災球児と絆の旗交換
横断幕デザインでキーホルダー・定規を製作
ストラップ&キーホルダーをオリジナルで作ろう!
ウォールステッカー製作
営業日
カレンダー

本社営業時間
TEL: 058-200-2500
FAX: 058-200-4359
●日・祝祭日はお休みを頂いております。
●FAX、MAIL24時間受付中。
お支払いについて
支払い方法は、銀行振込み、代金引換(佐川急便コレクト便)が可能です。
詳しくは、お支払い・配送をご覧ください。
全国発送無料
横断幕に使用するハトメは補強布加工を致します
法人様・大口発注のお客様はこちら
簡単無料見積もり
オリジナルグッズ製作のCitto+
会社概要
早川繊維工業株式会社
twitter
facebook
プロ野球OB会野球教室開催
電力自由化 - からて電気のご紹介
Citto+はチャレンジ25に参加しています!!
皆もチェレンジ25に参加だ!!
ホーム > 最良の制作方法・素材選び解説!

最良の制作方法・素材選び解説!

横断幕│最良の製作方法・素材選び解説!
Citto+の横断幕は品質を重視しますので、当日発送は対応しておりません。

項目一覧

  • 使用用途別オススメ生地・製作方法
  • 製作方法による比較と特徴
  • 印刷方法によるメリット・デメリット
  • 用途に合わせた縫製加工
  • 生地の切り裂き強度実験(動画解説)
  • 風合い・なびき(動画解説)
  • 生地の透け感(動画解説)
  • テカリについて
  • 重量・諸注意
横断幕│仕様用途別オススメ生地・製作方法
弊社の推奨する、ご使用用途別の生地・製作方法です。製作のご参考にしてください。
使用用途別オススメ生地・製作方法
使用用途 推奨生地 製作方法 備考
少年団・チーム等の応援幕
野球・サッカー等
トロマット
(ポリエステルクロス)
昇華転写プリント 取り外しを頻繁に行い、持ち運ぶ機会が多い場合、屋外使用で強度もあり、取り回しの利くトロマットでの製作がオススメです。
重厚感を重視する場合、本染め旗も○
屋外常設用広告・横断幕
工事現場等の養生シート
ターポリン
(テント地)
溶剤プリント 屋外常設用として、耐久性、耐候性のあるターポリンがオススメです。
社旗・校旗・応援幕 天竺
(綿)
本染め旗 上質で気品ある旗製作には、伝統ある職人手作業で製作する、本染め旗がオススメです。
>>本染め旗製作はこちら
団旗・社旗・校旗 トロピカル
ツイル
昇華転写プリント 生地の重さ、厚み、耐久性の観点より、トロピカルがオススメです。
Citto+では、両面とも印字・色の発色が同等に表現できる、ツイル地での製作も承ります。>>詳細はこちら
ビッグフラッグ トロピカル
(ポリエステルクロス)
昇華転写プリント 生地の重さ、厚み、耐久性の観点より、トロピカルがオススメです。
>>ビッグフラッグの詳細はこちら
マーチングフラッグ
(カラーガード)
チャイナシルク
(ポリエステルクロス)
昇華転写プリント 生地の厚み、なびき具合、インクの裏抜けも良好で、生地に光沢感があるチャイナシルクを推奨します。
>>フラッグ製作はこちら  >>風合い・なびきの動画はこちら
応援用・よさこい旗
(大型手持ちフラッグ)
(サッカーゴール裏)
トロピカル
(ポリエステルクロス)
昇華転写プリント ポンジだと強度に不安があり、生地が透けてしまうので、ポンジの倍程の厚みがあるトロピカルがオススメです。
>>フラッグ製作はこちら  >>風合い・なびきの動画はこちら
小旗 ポンジ
(ポリエステルクロス)
昇華転写プリント 小旗ですと、トロピカルでは厚みがあるので、薄手のポンジがオススメです。
のぼり ポンジ
(ポリエステルクロス)
昇華転写プリント 一般的なのぼりは、ポンジで製作されています。
>>のぼり依頼はこちら  >>ミニのぼり製作はこちら
屋内PR広告・タペストリー 溶剤用クロス
(ポリエステルクロス)
溶剤プリント 色の発色が良く、生地に張りがある溶剤用クロスでの製作がオススメです。生地幅1200mmまで
>>タペストリー製作はこちら
※あくまで弊社推奨です。製作方法・生地選びはお客様でご自由にお選びできますので、その際はお申し付けください。
主要取扱い生地の有効幅・縫い合わせに関して
生地名称 最大有効幅 縫い合わせ 備考
トロマット 1,500mm幅 縦横共に1,500mm幅を超える場合縫い合わせでの製作
トロピカル 1,500mm幅 縦横共に1,500mm幅を超える場合縫い合わせでの製作
ポンジ 1,500mm幅 縦横共に1,500mm幅を超える場合縫い合わせでの製作
チャイナシルク 1,050mm幅 縦横共に1,050mm幅を超える場合縫い合わせでの製作
ターポリン 1,200mm幅 不可 要望により2,400mm幅まで対応可能
天竺 1,100mm幅 縦横共に1,100mm幅を超える場合縫い合わせでの製作
溶剤用クロス 1,200mm幅 不可 縦横共に1,200mm幅を超える場合製作不可
横断幕│製作方法による比較と特徴
製作方法が用途によって選べるCitto+ですが、幕の製作を初めてされるお客様にとっては「どの制作方法がいいの?」と迷われるお客様も多いはずです。そこで、比較検討をし易い様に、幕の製作方法4種それぞれを項目別に比較をしました。
*ダイレクト昇華プリントは、弊社では取扱っておりませんので、参考としてご覧ください
各製作方法の解説はこちら
横断幕│各印刷方法の比較
昇華転写プリント
(ポリエステル幕)
溶剤プリント
(ターポリン幕)
ダイレクト
昇華プリント
本染め旗
(綿)
価格 - ×
納期 ×
丈夫さ
発色
色数 ×
扱える生地の種類
保管
風合い
耐候性(紫外線)
屋外使用
取扱い易さ
雨天時
裏抜け ×
両面印刷 △ *生地・サイズによる × ×
擦化性 ×
製作コスト ×

Citto+のオススメ

■屋内外問わず、取り外す機会が多い場合、風合い,擦化性に優れ、長期的に使用可能な「昇華転写プリント」をオススメします。
■屋外常設用には、耐候性に優れているインクを使用している「ターポリン幕(溶剤プリント)」をオススメします。
■費用と製作期間は掛かりますが、昔ながらの職人の手作業による伝統的な旗作りに「本染め旗」をオススメします。

横断幕│昇華転写プリントと、ダイレクト昇華の違い
基本的な製作過程はほとんど同じですが、それぞれメリット・デメリットが大きく異なります。
昇華転写プリントのメリットは、お客様にとってのメリット(仕上がりの風合い・発色等)
ダイレクト昇華のメリットは、業者にとってのメリット(製作コスト・短期製作)があると考えます。

Citto+は、お客様のメリットを考え、昇華転写プリントを採用しております。
さらに、一人でも多くのお客様にご使用頂ける様、価格面でも出来る限り抑えてご提供しております。

お客様の用途により、横断幕の制作方法を選べるのがcitto+の特徴です。
昇華転写も、溶剤プリントもそれなりの設備がないと出来ません。ただ、この2者は用途に合わせて使い分けるべきであり、 どちらか片方の設備のみ所有している他の業者様が、いかにも万能かのようにどちらかを進めるのは間違いであると考えております。

溶剤プリンター専門で幕製作をやられている業者様は、看板業、出力センター業が水性プリンターと合わせて使用している場合が多く、溶剤プリント以外の取扱いが無いケースを多く見られます。 やはり、屋外・屋内利用・用途や設置環境により製作方法を使い分けるべきであり、製作方法の豊富さと言うのは、製作依頼する業者を選定する上で、重要な要素です。

最終的には、お客様の判断で決めて頂く事になりますが、Citto+では、大きく3種類の製作方法が可能で、お客様のメリットを優先して考えております。
印刷方法によるメリット・デメリット
昇華転写プリント
弊社のポリエステル素材は、溶剤用クロスではありません。
ダイレクト昇華プリント(直描)
弊社では、ダイレクト昇華プリントは取り扱っておりません。
○メリット ○メリット
・生地独自の風合いを保つ事ができる
・短期間で製作可能なため、短納期を実現できる
・同じ昇華プリントでも、ダイレクトより発色が良い
・作業可能な布地の種類が多い >>転写可能生地一覧
・擦れによる色落ちが無い(生地に染色される為)
持ち運びが楽で、取扱いやすい素材
・折りじわが気になるようなら(低温での)アイロン掛けも可能。
・フルカラープリント可能
・裂けても破けにくい
・ロスが少なく低コストで製作が可能
・短期間で製作可能なため、短納期を実現できる
・設備投資金額は少ない
・印刷にかかわる人手が少ない
・フルカラープリント可能
×デメリット ×デメリット
・発色がターポリンに比べ若干弱い
・屋外に常設すると、色あせがターポリンに比べ早い(耐候性に欠ける)

・作業工程が多い
・転写紙、下紙などコストが掛かる
・発色がターポリンに比べ若干弱い
・屋外に常設すると、色あせがターポリンに比べ早い(耐候性に欠ける)

・前処理剤を使用する影響で、風合いが硬くなる
・にじみ防止のため、前処理済みの布地のみ使用可能なので、用途に応じた生地選定の汎用性に欠ける
・昇華転写プリントと比べ、発色が弱い
・裏抜けが弱い
・ダイレクト昇華対応の生地の種類が限られている。

溶剤プリント(ターポリン・溶剤用クロス)
本染め
○メリット ○メリット
・紫外線による耐候性に優れいている為、屋外常設用に向いている
・ロスの少ない作業
・短期間で製作可能なため、短納期を実現
・設備投資金額は少ない
・印刷にかかわる人手が少ない
・フルカラープリント可能 >>転写可能生地一覧
・生地の風合いを活かしつつ、染色による色の鮮やかさを表現できる
・設備投資金額は少ない
・作業可能な生地が豊富 >>対応生地一覧
・裏まで綺麗に染まる
・ボリューム感
×デメリット ×デメリット
・生地にインクが載っている状態なので、擦化性に欠ける
・ポリエステルクロス素材より堅く重い為、移動に不向き。
・折り畳んで長期保存すると、印刷面同士が引っ付く恐れがある為、紙管に巻き付けて保管が必要。
・一端裂けると破けやすい
・溶剤用クロスは、前処理剤使用する影響で、風合いが硬くなる
・溶剤用クロスの種類が限られている。
・水に濡れた際、にじみや色抜けの恐れがある
・全ての工程が職人の手作業の為、時間とコストが必要
・色数やデザインに制限がある
・大量生産に不向き
・短納期に対応できない
・熟練した技術者が必要
・大量の廃水など資源の浪費
・製版代が必要

横断幕│用途に合わせた縫製加工
幕は、印刷技術だけでなく、仕立てや使用する生地も重要な要素です。長期利用や、屋外使用するに当たり、仕立てが不十分な場合、破けや、ほつれ、最悪の場合幕が落下する原因となる危険性があります。弊社では、長年培った縫製技術で、用途や設置環境によって、適切な縫製加工を施し、長期利用でも問題ない頑丈な幕作りを心がけております。幕作りでご不明な点は、弊社スタッフが使用目的に合わせた最適な製作方法をご提案させて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。
三巻加工(横断幕・フラッグ) ロープ入り縫い加工(ターポリン) タコ巻き(縫い合わせ)
三巻加工(横断幕・フラッグ)
ロープ入り縫い加工(ターポリン)
タコ巻き(縫い合わせ)
端は三巻加工で強度を出し、布素材でも屋外長期利用が可能です。ハトメ部分には地に補強布を敷いて打っていますので、生地が裂ける心配もありません。

【ポリエステル幕・フラッグ標準仕様】
弊社のターポリン幕は、縁にロープを縫い込み強度と張りを出します。屋外で悪条件下(強風等)での設置の場合、ご要望により強度も増すよう、2度縫い加工を別途料金にて承ります。(ハトメ部分の内側にも縫いが入ります)

【ターポリン幕標準仕様】
縦横双方とも150cm以上の横断幕は、生地の縫い合わせとなります。(布生地の場合)縫い合わせは、結合部が最も裂けやすいので、弊社ではタコ巻きと呼ばれる頑丈で強度がある縫製加工をいたしますので、ビッグフラッグでも強度は問題ありません。縫い合わせた部分も極力目立たせず、柄がズレないよう加工しております。

*ターポリンのタコ巻き加工は承っておりません
【ポリエステル幕・フラッグ加工可】

タコ巻きがいかに丈夫か検証!
袋縫い加工(懸垂幕・垂れ幕) ヒートカット(のぼり・フラッグ) 切りっぱなし
袋縫い加工(懸垂幕・垂れ幕)
ヒートカット(のぼり・フラッグ)
切りっぱなし
幕の上下や左右にパイプやポールを通せるように袋縫い加工もいたします。端は三巻加工を施した上で袋加工いたしますので、ほつれ、破れの心配はございません。

【ご要望によりポリエステル幕・ターポリン幕どちらでも対応可能】
繊維は断裁した断面から、糸がほつれたりすることが多々あります。
これを防ぐため「ヒートカット」という熱処理によリ、フチを溶かし切ります。なびかせる用途の旗「のぼり旗」「フラッグ」製作で使用する製法です。

【のぼり・フラッグ標準仕様】
使用用途によって、生地の見た目や風合いを保てるよう、裁断のみの加工をさせて頂く事がございます。

【ターポリンのみ】
ハトメ+補強布加工(角) ハトメ+補強布加工(中間部) 【参考】布地の切りっぱなし
ハトメ+補強布加工(角)
ハトメ+補強布加工(中間部)
【参考】布地の切りっぱなし
ハトメは直接打つと生地が破損しやすい為、ターポリンを補強布として使用しています。幕のデザインを損なわないため、補強布の色も、下に重なる地の色に合わせてプリントしています。
中間部のハトメ設置は、50cmピッチまではお好きな箇所に無料で取付け可能です。設置される場所、環境を考慮してご指定ください(50cmピッチ以下の取付けは、1ヶ所500円にて承ります)
ハサミ・カッターでは切った後にどうしても糸がほつれます

【ポリエステルクロスを切った場合】
生地の切り裂き強度実験
弊社の取り扱う生地がいかに強度があるか、生地の切り裂き強度実験を行いました。
【使用生地】
ターポリン、トロマット
【実験内容】
生地にハサミで切れ込みを入れ、そこから力いっぱい引き裂いてみます。
【動画解説】
前半 ターポリンにハサミで切り込みを入れ、裂いてみます。
後半 トロマットにハサミで切り込みを入れ、裂いてみます。
【考察】
ターポリン ビニールにコーティングされているので生地そのものはある程度丈夫。しかし、一端裂けると1本1本の繊維が弱いため、一端裂けると破けやすい
トロマット (ポリエステル繊維):1本1本の糸が強い為、一端裂けても破れにくい

■動画が再生されない場合(インターネットエクスプローラーをご使用の場合)
動画が再生できない(もしくは×印が表示されている)場合は、アドオンが実行されていない可能性があります。
ブラウザーの情報バーに「アドオンを実行するにはここをクリックしてください。」 と表示されている場合はクリックして実行してください。
尚、 このメッセージはブラウザ上で動画再生するためのアドオンをインストールするものですので、PCに弊害はありません。
表示されたメッセージをクリックすればインストールが始まりますので、一度だけ実行しておけば次からは出てきません。
横断幕│風合い・なびき
風合い・なびきは旗を製作する場合には重要な要素です。のぼり・フラッグは、風に揺れて動きが出ることで、遠くからでも目を引く視覚的効果があります。弊社で取り扱う生地の風合い・なびき具合を動画でご紹介します。
生地:ポンジ
一般的にのぼり旗で使用されている生地です。風合いも柔らかく、生地が薄いのでインクの裏抜けもします。なびかせる目的としては、最良の生地です。

生地:チャイナシルク
生地の厚みとしてはポンジとほぼ同等です。マーチングフラッグとしてよく使用されます。生地は光沢があり高級感を演出できます。裏抜けも良好、フラッグでの使用に適しています。

>>製作例はこちら
生地:トロピカル
ポンジの倍の厚みと質量があるのが「トロピカル」です。強度と軽さがあり、フラッグ製作に適しています。弊社のビッグフラッグにも使用しております。裏抜け具合が、ポンジやチャイナシルク比べると、若干落ちます。(表面に比べ7~8割程度の発色)

生地:トロマット
トロピカルの倍の厚みと質量があるのが「トロマット」です。強度とほど良い重さがあり、横断幕に最適な素材です。重量感とコシがあるので、応援幕にはオススメです。フラッグとしては生地が重い為、向いていません。ターポリンと比べ、トロマット幕は、とても軽く、小さくたためるので、持ち運びや収納にも便利です。
もし、折りじわが気になるようなら中低温の短時間でアイロンをかけることも可能。洗うことも出来ます。
生地:ターポリン
生地厚で重量があります。一般的にテント地と呼ばれ、屋外での広告や、建設現場等で養生シートとして使用されています。屋外に常設する用途に向いています。クロスに比べ生地に厚みがあり、扱いにはかさばりを感じますので、スポーツの応援等で取り外す機会が多い場合は、持ち運びは不便に感じるかもしれません。折り畳んだ状態での長期保存は、折り目に跡が残ったり、印刷面同士のくっ付きによる剥れや傷の心配がありますので、紙管等に巻きつけての保存をオススメします。

■動画が再生されない場合(インターネットエクスプローラーをご使用の場合)
動画が再生できない(もしくは×印が表示されている)場合は、アドオンが実行されていない可能性があります。
ブラウザーの情報バーに「アドオンを実行するにはここをクリックしてください。」 と表示されている場合はクリックして実行してください。
尚、 このメッセージはブラウザ上で動画再生するためのアドオンをインストールするものですので、PCに弊害はありません。
表示されたメッセージをクリックすればインストールが始まりますので、一度だけ実行しておけば次からは出てきません。
横断幕・生地の透け感

各生地素材の下にカラーチャートを敷き、生地の透け具合を比較検討します。
お客様の使用目的に合わせ、生地選びのご参考にしてください。

【検証生地:ポンジ、チャイナシルク、トロピカル・トロマット・ターポリン】

>>逆光時の透け感は、下記「テカリについて」を参照ください

横断幕透け感
*各生地の画像にカーソルを合わせると、右に拡大画像が表示されます
ポンジ チャイナシルク トロピカル
     
トロマット ターポリン  
テカリについて
弊社では、非光沢タイプ(マット)のターポリンを使用し、テカリを抑えるようにしておりますが、下記の写真程度はテカリます。
光沢感のある素材は、色の発色を際立たせ掲示物としてアピール増すことができますが、反面環境光による反射(テカリ)が発生しやすく、場合によっては幕の内容が見辛くなったり、読めなくなる心配もあります。ターポリンに比べ、トロマット(ポリエステル素材)は、テカリの問題がない代わりに、逆光時に透けて見える場合がありますので、下記の写真を参考にしてください(トロマットは、幕素材としては決して薄いわけではございません)
ターポリン トロマット
ターポリンは、大きく分けて光沢・マットの2種類があります。
光沢(グロス)素材は、色の発色は良いのですが、光が反射し易く、場合によっては文字が読めなくなる心配があります。弊社では非光沢タイプ(マット)を使用しており上記の問題はクリアしておりますが、環境光により、多少テカリが出てしまいますのでご了承ください。
ポリエステル素材のトロマットは、環境光によるテカリは発生しませんので、晴天時でも文字が読めないといった事が無く、横断幕の内容を環境に左右されずアピールする事ができます。掲示する場所が、フェンス等、背面が透過する場合、生地厚の関係上若干透けてしまいます。(背面が壁等の場合、その心配はありません)
重量・諸注意
1平米あたりの、各生地の重量は以下の通りです。製作される幕重量の大方の目安となりますので、ご参考にしてください。
1平米あたりの重量比較
生地名 重量(g)
ポンジ 50

チャイナシルク

50
トロピカル 100
トロマット 200
ターポリン 500
各素材、1平米あたりの重量

各素材の折りたたんだ状態
*ターポリンは折りたたんでの保管はオススメできません
紙管に巻きつけて保管ください。
■ターポリンを取り扱う上での諸注意
ターポリンを折りたたんでの保管は、折りシワやインク剥がれの恐れがありますので、紙管に巻きつけ保管ください。
 
インク面通しが接着した状態で保管しますと インク剥がれの原因となります。擦化性がそれ程強くありませんので、取扱いにご注意ください。
*昇華転写プリントは擦れに強く、インク剥がれの心配はございません。
WEB無料お見積りはこちら FAX無料お見積りはこちら お問い合わせはこちら
無料お見積りはこちらの
フォームよりお申込ください。
FAXでのお見積り依頼は
こちらから用紙を印刷してください
幕製作に関するご質問等は
こちらのフォームより
Tシャツトップへ